1997年
審査員特別賞
■作品名/江種 幹晴 邸 新築工事
■設計/山栄建設一級建築士事務所
■施工/山栄建設株式会社
■竣工日/平成8年9月25日 
「地球にやさしい省エネ電化住宅」外断熱FB工法(気密ランクC)は床下に蓄熱式暖房機
"ちくだん"を設置し、床下、壁体内、天井内を暖め家そのものをふく射暖房機とする
ユニークな工法です。
今回は更にソーラーエネルギー(熱)により、お湯を作り、給湯のみならず暖房にも利用
しようというシステムを設置しました。
名付けて"FBソーラー"。基本となるFB工法は「断熱」「気密」「換気」「空調」の4つの
ベーシックを大切にし、熱交換換気扇にて、1年中、床下、壁体内まで換気するというま
さに、"呼吸する住宅"であります。

今回のソーラーシステムは、太陽熱で熱くなった不凍液を床下のパネルヒーターで放熱さ
せた後、給湯タンクに入りお湯をつくるもので、ベースとなる暖房"ちくだん"は4.5kw1台
で、一日じゅう安定した温度環境をつくりました。
家じゅうが(トイレ、押入れまでが)床暖房の暖かさは実に快適で、からだにもやさしい家
だと言えます。


もどる