1999年
佳作
山栄建設 株式会社
■作品名/松浦 尚 邸 新築工事
■設計/山栄建設一級建築士事務所
■施工/山栄建設 株式会社
■竣工日/平成11年9月8日 
設計コンセプト
夫婦が基本!老後にやさしい省エネ住宅 二人の子供達が社会人になったのを機に、夫婦が
基本となる家づくりをコンセプトに新築に取り組まれました。

子供部屋は設けず、リビングの吹き抜けに面 した堀コタツのあるタタミコーナーが生活の
中心です。

また、ヒノキの羽目板天井や、自然の素材から生まれたラフィットクロス等、からだにや
さしい家づくりを心がけました。

一番アピールしたい事は、お施主様の積極的な省エネ意識です。
電動オーニングにより夏の遮熱と冬の採光(採熱)を積極的に採り入れたいとのご要望。
終日、全館暖房(クローゼットやトイレも)にもかかわらず今年1月の総光熱費負担が
¥8,555(ソーラーによる売電¥6,256含む)と経済的。
電力の夜間率が92%とTOUのカガミともいうデータが得られました。
まさに老後の生活にむけて、お財布にもやさしい電化住宅です!


もどる