1998年
佳作
■作品名/山本邸 増築工事
■設計/山栄建設一級建築士事務所
■施工/山栄建設(株)
■竣工日/1997年12月20日

■建物概要
●建設地/広島県府中市出口町126-1
●敷地面積/415.32m2
●建築面積/44.94m2
●延床面積/83.47m2
●構造・規模/在来木造 2階建 
■設備面の特記
●厨房機器 コンビネーションクッキングヒーター/日立HTC-MA4
●電気温水器 チューキCS-400MTB2-S
●冷暖房機器 蓄熱式電気暖房器/日本スティーベルETS-708SJ 
 インバータエアコン/ダイキン 

設計コンセプト
からだにやさしい家(これからのシルバーライフへの提案) バリアフリーという言葉は
家の中から段差をなくしたり、廊下の巾を広げたりして障害となる要因を取り除くこと
ですが、温度の差を見落としてはいないでしょうか?

一般 的に室温の差が5℃以上となると、からだに対してストレスとなり血管障害等の引
き金になるといわれています。

そこで山栄建設の家は、床下に深夜電力を利用した蓄熱式暖房器を設置し、暖気を壁体
内を通 して家中に充満させ、床、壁、天井から輻射の熱をもらうという暖房方式で、足
の裏から暖かく、間仕切りに関係なく家中が均一の温度となります。

また、夏期の冷房は2階の天井内に冷風を吹き込むことで、冷たい空気が家中を包み込み
ます。

冷風に直接触れないのでとても体にやさしい空調です。
この特性を利用して、高齢者用の離れをつくりました。
狭い敷地(以前は家庭菜園のスペースだった約20坪程度)に効率よくプランしました。
温度差が無いので、廊下を排除し、便利性を重視した間取りにしました。
また、日本舞踊の趣味をもつ施主のために2階は、可動間仕切り(といっても単なる引き
込み戸)で、大きな舞台(?)の雰囲気を楽しめる家となり、これからの住宅のひとつ
の提案だと思います。 



もどる