快感原則論 ― 楽しく生きる ―                                   

筆者紹介    ホーム   本サイト内の人気ページ

 

目次

はじめに  − 楽しく生きるために −

  I 「楽しさ」とは何か
  
1 「遊び」
  2 「空間」としての「遊び」
  3 「演劇」としての「遊び」
  4 「知的遊戯」
  5 「祭」
  6 「笑い」
  7 自由について

 II なぜ今の日本では楽しく生きるのが難しいのか
  
1 労働時間
  2 終身雇用
  3 人生を楽しまないことに慣れてしまった日本人

 
III 楽しく生きるにはどうしたらよいのか
  
1 主体的に生きる
  2 主体的に生きるために個性を生かす ・ 個性を知る
  3 職業の試行錯誤 ― 転職について
  4 自由教育
   ( i )  主体性と個性をもたせる教育
   ( ii ) 「自由の意義」の教育
   ( iii ) 日本の自由の発展のために
   ( iv ) 自己主張することと「多事争論」の教育
  5 マス・メディア
  6 「年功序列社会」 と若者
  7 感性による行動
  8 芸術、特に音楽について
  9 スポーツについて
  10 ユーモアについて
  11 「生」 を楽しむ ・ 「今」 を楽しむ

 
おわりに
  主要参考・引用文献

ご案内の内容は書籍でもお読みになれます。
ご注文いただければ郵送いたします。
書籍のご案内
を御覧ください。

III  主体的に生きるために個性を生かす ・ 個性を知る


    自らの能カを駆使して主体的に生きてゆくために最も重要なことは、自分の個性を知り、その個性を何らかの仕事に使うことができるほどの能力にまで発展させることです。

    「人間の持つものの中で、自分自身に基礎をおかぬカほど不安定で、はかないものはない」 と詩人のゲーテが言ったように、自分自身に基礎をおいて、つまり自分の個性を生かして仕事をしていなければ決して成功は望めないのです。

    そのためには、まず自分という人間の存在に興味 ・ 関心を持ち、その個性を知るための努力をしなければなりません。自分の個性は何なのか。つまり、自分とは何者なのか、自分は他の人と比較して何が特徴なのかと考えなければならないのです。

    自分自身に基礎を置いている時にしか実行カは生まれません。自分は何を望んでいるのか、自分は何者なのか ―― それが分かっていなければ、決して主体的な生き方など望むことはできないのです。

    まず、自分の個性に気づくこと、それからその個性を生かして仕事をしてゆくにはどうしたらよいのかを追求する努カが必要になってきます。

    SONYの創業者 ・ 盛田昭夫氏は次のように述べています。

 

    …入社試験で私は 「あなたの特徴はなんですか」 と聞いてみるが、これにパッと答えられる人は実に少ない…… (中略)……自分の会社の商品をよそに売り込みにいかなければならない時に、わが社の製品はここがいいのだということを知らなければ、売り込めやしないではないか。入社試験を受けて自分を売り込もうという大事な時に、自分のどこがいいのかわからないのでは、売り込むすべがないだろう。

( 『 学歴無用論 』 )

 

   日本のサラリーマンの34%は 「人と同じが好き」 と考えており、「人と違っていたい」 と考える人は15%しかいないというデータがあります(90年代に行われた調査の結果)。また、同じ調査において、会議で 「人と違ったことは言わない」 人は44%もいます。このような生き方をしている人は、21世紀に生き残るのは難しくなってゆくことでしょう。

    人と同じことをやっていると 「競争」 が生じます。それは、しばしば醜い争いになります。しかし、それぞれの人が、自分なりの個性を追求してゆけば、人と争ったりせず快く生きてゆけます。「ビジネスにおいては競争は不可避だ」 という批判も、当然出てくるでしょう。しかしながら、盛田昭夫氏は、この点についても次のように述べています。

 

 

…… しかし、何でも競争したらいいというのではない。私には私の特徴が、ソニーにはソニーの特徴がある。競争に勝とうと思ったならば、他人より優れているところがどこにあるかを考えて競争をするということは、当たり前のことだと思うのである。 ところが世の中をみるに、……(中略)……あいつがこれをやったからオレもやろう、あそこの会社があれをやったから、オレもやろうというようなことが多く、本当に自分の特技を生かすことをしない……。 

( 『 学歴無用論 』 ) 

 

     それでは、自分の個性を知るということについて考えてみましょう。日本人には 「自分は他人と比べて何の個性もない」 と思っている人が多いと思われます。特に日本では個性を伸ばす教育が行われておらず、それどころか全ての人を同じ型にはめ込むような教育が行われているので、自分は平凡な人間だと思い込んでいる人が多いと思われます。

    極端に言えば、日本の教育は、すべての子供たちに 「自分は平凡な人間だ」 と思い込ませるものであり、そのように思い込まされた 「平凡な人間」 を大量に作り出すものなのです。

    しかし、人間がみんな同じ性質 (性格) ということがあるでしょうか。決してそうではありません。私たちは、「何に快感を感じるか」 ということからして既に各々異なっているのです。 

 

 人々がその快楽となすものは、もはや同一ではなくて、各人各様に自分自身と自分自身の性格に応じたものなのである。 

( アリストテレス 『 政治学 』 )

 

    「十人十色」 という言葉がありますが、「何をすることに快感を感じるか」 や 「どんな能カを持っているか」 には各々に特徴があり、その特徴が 「個性」 なのです。したがって 「個性」 はどんな人にもあるものです。

  第一章の「遊び」の項で述べたように、何が快感をもたらすかは、ある特定の人物にとっても時と場合によって異なるほどですから、 ましてやそれぞれの人によって異なるのは当然のことです。

    私たちは自分の人生の中で最も楽しいことが何なのかを、よく吟味しているでしょうか。全くそれを問うこともなく生きている日本人の数は、かなり多数に昇るものと思われます。私たちは、自分にふさわしい楽しみを選ばねばなりません。それが、最も楽しい生き方、最も自分らしい生き方を選ぶ際の原点になるのです。

    自分らしい生き方を選ぶこと ―― それが他ならぬ 「個性」 を持つことなのです。個性を持ち、そして自分らしく生きることこそが最も優雅な人生なのであり、幸福とは自分の個性に喜びを覚えること、つまり自分が自分であることに喜びを覚えることです。少なくとも、「自分の個性」 は世界中に一つしかいない貴重な個性なのであり、粗末に扱われるべきものではないはずです。

    私たちは 「自己」 が存在するということに意義を持たせねばなりません。英語の “exist (存在する) ” という語はラテン語の “ existere” という語に由来します。この語は “ex (〜から)” と “ sistere (立つ)” という語が合成されたもので 「内から立ち上がる」 すなわち 「自己の内部にある本来の自己を実現する」 と解釈できます。「本来の自己の実現」 とは 「個性の発露」 と言い替えてもよいでしょう。私たちは、存在する以上は個性ある存在であるべきなのです。

    自分の個性、すなわち自分の本来の姿に目覚めるためには、静かに自分を見つめ直す必要があります。楽しく生きるのには、その前段階として、自分の個性を知るための努力や苦悩を経験しなければならないのです。

    人間の歴史において、個人の人権あるいは個性の尊重が謳われ始めたのは18世紀頃からですが、自己という存在を追求することが必要であるという考え方は古代から存在していました。

    ギリシャのデルフォイ神殿には、ソクラテスがその行動の指標とした 「汝自身を知れ」 という言葉が掲げてあります。

 

    また、中国の古典 『荘子』 には次のように書かれています。

 

夫不自見而見彼、不自得而得彼者、是得人之得、而不自得 其得者也、適人之適、而不自適其適者也、……。

夫(そ)れ自ら見ずして彼れを見、自ら得ずして彼れを得るは、是れ人の得(とく)を得として、自ら其の得を得とせざる者なり。人の適(てき)を適として、自ら其の適を適とせざる者なり……。

訳) そもそも自分の内なるものを見ないで外のものを見、 自分の内なるものに満足しないで外に満足を求めるものは、これは他人の満足を自分の満足として(他人に振りまわされ)、われとわが身の本当の満足を満足としないものである。また他人の楽しみをわが楽しみとして、(他人に振りまわされ)、われとわが身の本当の楽しみを楽しみとしないものである……。

 

  また、禅の教えでも、自己の本来の姿に目覚めることが重要視されています。

    私たちにはそれぞれの人生観 ・ 価値観がありますが、多くの場合、それらは親や教師や書物など周囲のものから影響を受けて作られたものです。したがって、本当の自分を知るためには、今まで親や教師や書物から得た考えや知識のすべてを疑い、すべてを一度自紙に戻して自分が本当に真実だと考えるものだけを使って自分独自の人生観を再構築しなければならないのです。

    吉田兼好は 『徒然草』 の中で 「伝へて聞き学びて知るは誠の智にあらず」 と書いています。また、インドのある古い寺には 「父を疑え、母を疑え、師を疑え。 しかし、疑うおのれを疑うな」 という言葉が書き残されているということです。

    私たちがこの世のすべてを疑い、すべてを否定しようとしても最後まで否定しきれないことが、「自分は楽しく生きたい」 という欲求でしょう。そして、そこから出て来る命題が、「自分はどう生きれば楽しいのか」 というものであり、ここから私たち一人一人の個性が生まれ、さらにそれが人生観 ・ 職業観あるいは世界観 ・ 歴史観にと発展してゆくのです。

    「自分はどう生きれば楽しいのか」 という問いは 「自分が真に欲しているものは何なのか」 という問いです。人間は、自分が欲しているものが何であるかが分かっている時に、それを実行に移すことは可能ですが、自分が何を欲するかについては自分の意志では決められません。「自分が欲するもの」 は決心するものではなく、自然に自分の中に生じるものだからです。

    私たちは、自分の中に生じた欲求が何であるかを注意深く認識した上でそれを実行に移さなければならないのです。こうした行動が原点になって個性が生まれるということは、つまり個性は創造するものではなく、まず気付くべきもの、そしてその後に磨きをかけるものだということです。

    自分が書物や他者から得た知識や考え方のすべてを白紙に戻すというのは、言うは易しですが実行するのは大変難しいことです。私たちは、自分でも気付かない部分で固定観念に縛られています。自分では、すべての固定観念から解放され、精神的自由を獲得したつもりでも、実際にはまだまだ東縛されている場合が多いのです。

    「すべてを白紙に戻す」 というのを仏教的に言えば 「こだわりの心を捨てる」 ・ 「無の境地に達する」 ・ 「悟る」 ということでしょう。前にも少し触れましたが、伝説によれば、禅の始祖である達磨 (だるま) は九年間も壁の前に座って 「無」 を追求し続け、九年が経った時には言葉さえも忘れ、すなわち言語障害になっていましたが、あらゆるものを疑い否定してみた結果、世の中がはっきりと見えるようになっていたということです。

    私たちには、九年間も壁に向かって座り続ける必要はありませんが、「面壁九年」 の伝説から私たちが得ることのできる教訓は、「すべてを白紙に戻してしまうこと」 は大変時間のかかる作業であるということです。

    自分は快感を欲しているということだけが確かで、それ以外のあらゆる知識 ・ 情報 ・ 価値観などはすべて疑わしいと思わなければなりません。そのような観点から、 自分の人生観 ・ 価値観を構成している一つ一つの知識が、本当に本来の自己を実現するためのものであるかどうかを一つ一つチェックしてみるのは大変骨の折れる、そして時間のかかる作業なのです。それは心の中に革命を起こすことでもあるのですから。

    現代の日本人には、本来の自分に目覚めるために、静かにゆっくりと自分を見つめ直す時間がありません。そのようなことをする時間さえも持てないほど、常に働き続けなければならないのが私たちの社会であることは前述の通りです。しかし、社会のこの流れに逆らってでも、あるいは周囲からの圧カに抵抗してでも、今後の日本人には立ち止まって、ゆっくり考えるということが必要になってくるでしょう。

    静かに自分を見つめ直すというのは、孤独な作業でもありますが、 私たちはその孤独にも耐えなければならないでしょう。しかし、それは決して自閉の勧めではありません。主体性を保持し、積極的に社会に参加するための前段階として、こうした孤独な作業が必要なのです。私たちは、群れてばかりいてはならないのです。

  親や教師や書物から得た情報や考え方を、何の疑いもなく自分のものにしてしまうのは、吉田兼好の言うように 「誠の智にあらず」 ですが、一度自紙に戻して本来の自分に目覚め、自分独自の人生観を再構築する際に、自分が確かだと考え、自分の責任で駆使する情報や考え方なら、それが人から教わったものであろうが、書物から得たものであろうが利用することは可能です。大切なことはおびただしい量の情報におぼれず、本来の自己を実現するために必要な情報を取捨選択することであり、また、取捨選択することができるだけの 「自己」 が確立していることです。

    また、自分らしさを知るために、私たちはいろいろなことにトライしてみる、すなわち 「試行錯誤」 をしてみることも必要です。さまざまな試行錯誤を繰り返しながら、私たちは自分らしい自分、本来の自分に一歩一歩近づいてゆくのです。

    そのためには、まずは当面の目標を持つこと、そしてがむしゃらにその目標に向かって努力 してみることが必要です。目標は必ずしも達成されないかも知れません。いえ、達成されないことの方が多いでしょう。しかし、当面の目標が達成されなかったといって落胆する必要はありませんし、 ましてや、それを 「挫折」 などと思う必要もありません。当面の目標が達成できなかったというのは 「どうやら自分はこの方面についての才能はないらしい。他の道を考えるべきだ」 ということがはっきりしたということなのです。それはつまり、自分らしさが見えてきたということです、自分らしい自分に一歩近づいたということなのです。

* 目標に達することができず進路を変えることを、私たちは 「諦める」 と言います。この 「あきらめる」 という語は、「挫折」 といったようなネガティブな意味で捉えられがちですが、「あきらめる」 の語源は 「明きらむ(あきらむ)=明らかにする、はっきりさせる」 です。仏教には、「諦観(ていかん)」 という語があり、これは 「明らかに真理を観察すること」 を意味します。すなわち、「諦める」 とは、前述のように、「目標を変更すべきであることを明らかにした。真実が明らかになった」 という意味で、本来はネガティブなことではありません。

    「青春は何もかもが実験だ」 という言葉がありましたが、特に若い時期にはいろいろな試行錯誤をしてみなければならないのです。「青春時代の実験」 は、すればするほど自分らしさが見えてくるという意味で 「失敗」 などないのです、すべてが大成功なのです。

    また、「当面の目標」 を何に置くか、何にトライしてみるかについては理性で考えるよりも感覚的に、すなわち快感原則に任せて行動してみるべきでしょう。自分の個性は何なのかについてや、自分にはどんな才能があるのかについて知ろうとする場合には、理性はあまり役に立たないのです。これらの問題については、論理的に考えることによって結論を導き出すといった方法論が通用せず、すべては結果論でしか論じることはできないのです。

    そもそも 「快感原則」 というのは、理性による行動原則ではなく、感性による行動原則です。あくまでも快感原則に従って行動 ・ 判断するようにしていれば、自分が楽しく生きていくための道は開けてくるのではないで しょうか。

    日本漫画史上最大の漫画家 ・ 手塚治虫のような人物でも漫画家になることを決心するまでには相当悩んだと言われています。手塚治虫は大学の医学部に進学しましたが、カルテに患者の顔をスケッチするなど勉強に身が入らず留年しました。やっと卒業が間近になった頃になっても、まだ医者になるか漫画家になるかの決心がつかず、母親に相談すると、「自分の好きな道を選ベ」 と言ってくれたということです。

    英語の 「ギフト(贈り物)」 という語には 「才能」 という意味もあります。「才能」 とは自然 ( 宗教的には 「神」 )からの贈り物なのです。すなわち才能とは生まれてから身に付けるものではなく、先天的なものなのです。こう言うと、「では、自分のように生まれつきの才能のない人間はいくら努カしても無駄だということですね」 と言う人がいます。しかし、そういう人に限って、自分の持っている能カを知るための努カをしていない場合が多いのではないでしょうか。

    人間は、自分が持っている脳細胞のせいぜい 1〜2割しか使わずに一生を終えると言われています。私たちにはどんな才能が備わっているか分かりません。私たちは眠っている才能を呼び覚まさせなければなりません。あるいは眠っている自分の才能に気付かなければならないのです。

    また、たとえ天才的能カがないとしても、だからといって 「いくら努カしても無駄」 とどうして言えるのでしょうか。「天才」 と呼ばれている人々でさえ努カをしています。それどころか、「天才」 は普通の人以上に努カをしています。自分の能カに気がついた後、それを伸ばすのは本人の努カによるものです。

    ただ、「天才」 の恵まれている点は、彼(女)らは努カすればそれが確実に実を結ぶ人たちであるという点です。努カしてもなかなか結果が出せない普通の人は、確かに 「いくら努力しても」 天才にはかなわないでしょう。 しかし、私たちのすべてが天才的な仕事をする必要があるのでしょうか。

    確かに、私たちのほとんどには、手塚治虫のようにすばらしい漫画を描く才能やブーニンのように華麗にピアノを弾く才能は与えられていません。しかし、私たちのすべてが天才のような業績を成し遂げる必要はありません。私たちに必要なことは、ただただ楽しく、気持ちよく、充実感 ・ 満足感を持って仕事をすることです。

    そして、そのためにこそ、自分にできることをあれこれ挙げてみて比較検討 し、最も上手にやれることを知って (どんな人にも 「自分のやれることの中で最も上手にやれること」 があります)、その能カに磨きをかけ、それを仕事に応用するための 「努カ」 をすることが必要なのです。

    また、たとえ試行錯誤の末に自分が選んだ仕事や、自分の個性を生かした仕事についてもうまくゆかない場合もあるでしょう。しかし、できる限り主体性を保ち、自らの個性を発揮して仕事をしている人は、失敗しても、それはそれで納得のゆく、悔いのない人生となるはずです。

 

All you can do is the best you can do.

( 人間にできることは、その人が最も得意とすることのみである。 )  

                    ( タレントのケント・デリカットさんのモットー )

 

……自己の新たな一面を発見し、「自分には、こんなところもあったのか」 と、自らをより深く理解する喜びは、はるかに大きなものだ、と体験を通して私は思う。   

   ( 数学者・広中平祐 『 学問の発見 』 )

 

 

ご意見・ご感想をお寄せください

 

書籍でお読みになりたい方へ

 

 

快感原則論 目次   ホーム